ウォータークリーン工法/集塵装置付き超高圧水洗工法で外壁アスベスト除去。施工は全国対応

マルホウ ロゴ
フリーダイヤル0120-004-275

営業時間 平日9:00〜18:00

お問い合わせ
養生不要・レベル3対応 水を使用し安心・安全 学校・官公庁 実績豊富
養生不要・レベル3対応 水を使用し安心・安全 学校・官公庁 実績豊富


外壁アスベスト除去の問題点

1

外壁アスベスト(石綿/アスベスト含有の外壁塗装材や下地調整材)の除去では
どの工法が望ましく、安全か。その判断がまず重要 です。

アスベストを含有する外壁塗装材(石綿含有建築用仕上塗材)や下地調整材の除去方法としては、従来技術では主に、超高圧水洗工法、ディスクグラインダーで削り取り除去する方法、剥離剤を使用する薬品工法が用いられていました。ところがそれぞれの工法には様々な問題点があることがわかっています。安全面、効率面など様々な面から、工法を検討する必要性があります。


2

乾式ディスクグラインダー工法の場合、粉塵が発生し、大掛かりな隔離養生が必要です。

通常の乾式ディスクグラインダー使用の場合、大量の粉塵が発生するのがもっとも重大な問題です。作業者は完全防護し、周囲の環境汚染に注意が必要となります。そのため大規模な隔離養生が必須であり、コスト増大や工期も長くかかる傾向にあります。


3

集塵機のフィルターに剥離物が溜まると、吸引・集塵効果が下がり、作業も停滞します。

工事現場で微細な粉塵を吸引し、クリーンな空気を排気するために集塵機に取り付けられたHEPAフィルターは乾式の場合すぐに目詰まりが発生します。吸引率が下がる度にフィルターの掃除が必要になり、作業が中断されます。またフィルター掃除時に粉塵が舞う恐れもあります。


4

下地調整材に含まれるアスベストは、剥離剤(薬品工法)では除去しきれません。

剥離剤を使用する工法では、薬品を使用するため作業者への影響、環境問題等があるだけでなく、無機系の下地調整材には剥離剤が含浸しないため極めて効果が薄いとされます。

無機系仕上塗材については、下地と塗材の付着性に問題がある部分が多いため、もしくは意匠性の変更のため、活膜を含む全面を除去できる工法を選定する。無機系塗膜の場合、剥離剤の効果はほとんど期待できない。
出典 国立研究開発法人建築研究所 日本建築仕上材工業会
「建築物の改修・解体時における石綿含有建築用仕上塗材からの石綿粉じん飛散防止処理技術指針」


5

アスベスト含有剥離物の処理や運搬時に、空気汚染の恐れもあります。

廃棄時、剥離物は二重梱包の必要があります。剥離物を袋詰めする時には隔離養生が必要です。作業は防護服で行い、飛散させないよう湿潤させて重くなった剥離物を手作業で袋に入れる作業は人への負荷が大きく、空気汚染も気をつけなければなりません。

マルホウの解決策


人・環境への安全性、
作業効率にも優れた
マルホウ独自のウォータークリーン工法。

ウォータークリーン工法
(集塵装置付き超高圧水洗工法)、
ウォータークリーンSG工法
(集塵装置付きディスクグラインダーケレン工法)を
独自開発!!

集塵装置付き超高圧水洗工法や
湿式の集塵装置付きディスクグラインダーケレン工法は
粉塵飛散せず!!!

ウォータークリーン工法なら水で湿潤させながら剥離し、除去すると同時に吸引するため粉塵の飛散はゼロ。隔離養生不要でレベル3対応です。防護服も不要のため、身動きが取りやすく、スムーズな作業が可能です。

ウォータークリーン工法なら
剥離剤では除去しきれなかった、
下地調整材まで確実に除去!!

剥離剤工法は作業も容易で低コストですが、下地調整材の除去は不可。また塗材の完全剥離は不可で層毎の剥離になるため、積層塗材に注意が必要です。ジクロロメタン等の有害性の高い薬品は使用できず作業中の臭気もあります。

クリックで拡大

クリックで拡大

集塵機とは全く異なる、超強力な吸引車が、
水も剥離物も吸引し続けるので、
ノンストップ作業が可能。

吸引車(バキュームローダー)で剥離物(廃材)と洗浄水(廃水)を一緒に吸引すると同時に、1次濾過装置へ自動格納。集塵機が目詰まりを起こすようなこともないため作業は切れ目なく続けられます。

施工部分から同時吸引された剥離物と
洗浄水は、ろ過システムの中を通過し、
途中で一切外気に触れません。

1次濾過で廃材と廃水を自動分別した後、廃水はさらに2次濾過へ。廃材もフレコンバッグに直接梱包されるため、周囲を汚さず環境を汚染しません。これこそがウォータークリーン工法の大きな特長です!

マルホウなら、状況に応じてベストな方法をご提案。

下地調整材にアスベストが含まれていない場合は
剥離剤併用した工法でも対応可能です。

施工前の調査段階で、下地調整材までアスベストが含有されていないことが明らかな場合は、剥離剤を使用して塗材部分を軟化させ、大部分を手工具によるケレン作業で塗材をきれいに除去します。 また、剥離剤とケレン作業のあとで下地調整材をサンダーできれいに仕上げ、下地部分を生かして整える「ウォータークリーン剥離剤工法」もあります。

ウォータークリーン剥離剤工法 の詳細はこちら

●ウォータークリーン工法 特許番号第6347796号
 ウォータークリーンSG工法 特許番号第6482142号
●国土交通省新技術情報提供サービス「NETIS」
 登録番号CB-160029-A CB-190002-A
●国立研究開発法人 建築研究所の指針に準拠!


ウォータークリーン工法の
システム概要

設備は移動可能ですので、車両の入るところなら
どんな所でも施工可能(最長100m程度)。
施工から排水・廃棄処理まで、
外気に触れないシステムなので、
現場が汚れず、次の工事へスムーズに移行できます。
ウォータークリーン工法は工事現場環境にも優しいのです!

ウォータークリーン工法のシステム概要図

超高圧水送り

100MPAから245MPAの超高圧水をウォータージェットポンプで発生させ、施工部分のアクア・セルローターへと供給します。


除去作業

アクア・セルローターや湿式ディスクグラインダーで湿潤、噴射、剥離、吸引を同時に行い、外壁塗装材や下地調整材をしっかり除去します。どちらもカップ式なので、装置の外に剥離物も洗浄水も漏らしません。ウォータークリーン工法(集塵装置付き超高圧水洗工法)ウォータークリーンSG工法(集塵装置付き湿式ディスクグラインダーケレン工法)


強力吸引・濾過排気

最大風量40㎥/min 真空圧-93kPaの高い真空圧により強力な吸引力と大風量により空気搬送を実現、廃材と廃水を一緒に吸引します。このとき同時に吸引した空気を、ジェットスクラバにて確実に濾過を行い、排気・放出を行なっています。


1次濾過・分別

吸引した剥離物と廃水を濾過槽で分別。剥離物はフレコンバッグに廃水はさらに2次濾過槽へ。吸引した空気を吸引車(バキュームローダー)に循環させます。


2次濾過・排水

分別された廃水はフィルター式水処理装置(スーパークリーンSシステム)で処理します。0.2μフィルターを使用し、水質汚濁防止法準拠した、濁度・PH・アスベスト検出限界値50本以下にて、工事現場で排水処理が可能です。


廃材自動袋詰め

分別された剥離物を自動作業で廃棄処理用のフレコンバッグに移します。手作業での汚泥処理とは安全性が段違いです。

ウォータークリーン工法
施工実績

発注件数 除去数量

発注内訳

発注比率

ウォータークリーン工法 機材数

ウォータージェット

23台
最高圧245Mpa
最高吐出流量26リットル
燃料軽油
重量3350kg
外形寸法3300L×1650W×2000H

アクアセルローターⅡ

70台
最高圧250Mpa
最高吐出流量15リットル
仕様可能部位壁面・床面
重量6kg

超強力汚泥吸引車

20台
風量40㎥/min
真空圧-93kPa
レシーバタンク容量2.7㎥
動力源ディーゼルエンジン
重量7990kg

SGグラインダー

70台
最高回転数13600回転
最高吐出流量3リットル
仕様可能部位壁面・狭小部
重量1.2kg

マルチ濾過機
スーパークリーンⅠⅡ

50台
バキュームホース長さ最大50m
バキューム風量28㎥/分
最大使用流量30リットル/分
中和処理法CO2処理
使用温度5度~50度
電源三相15KW/200V/60A
重量500kg
外形寸法1980L×1065W×1300H

0.2μフィルターシステム

23台
最高流量200ℓ/min
最高出力5MPA
電源AC100V 6A
重量20kg


外壁アスベスト対策には
ウォータークリーン工法
全国の各拠点で対応しています。

全国にあるマルホウの拠点が、
各サポートエリアでの外壁アスベスト対策の窓口として対応します。

拠点マップ

本社

愛知県東郷町
春木下鏡田446-1098
TEL0561-39-4644

大阪支店

大阪府大阪市淀川区
東三国2-5-5
TEL06-6151-5213

東日本事業所

神奈川県相模原市
緑区太井143-1
TEL042-780-8447

北陸支店

石川県南中央町
キ106-39
TEL0120-004-275

東京支店

東京都千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館20階  TEL03-5288-7254

埼玉支店

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-266-3 シンワKIビル2階  TEL048-658-8722

仙台営業所

宮城県仙台市青葉区花京院2-1-61タカノボル第5ビル1階  TEL022-208-8975

広島営業所

広島県広島市中区橋本町9-7ビル博丈8階  TEL082-536-3602

福岡支店

福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2階  TEL092-419-2365

加入協会

●日本建築仕上学会
●文教施設協会
●大阪府建物解体工事業協同組合
●日本洗浄技能開発協会
●日本ウォータージェット施工協会
●レジテクト工業会

●機能性外壁工業会
●ダイフレックス防水工事協同組合
●スプレーウレタン・ウレア工業会
●東海防水改修工事協同組合

ウォータークリーン施工協会

外壁アスベスト除去工事及び関連製品の市場拡大と会員様の収益向上を図り、共同して製品・施工技術の研究とさらなるレベルアップを目指し発足した協会です。

協会の事業内容

市場調査、需要開発(セミナー、イベント開催)、技術情報の交換や研究開発、マニュアル作成・技術者教育・技術者検定・機器改良などを通じた機械施工技術の改善、官公庁など諸機関、関係団体等との連絡協議、設計事務所等との設計スペック事業、ウォータークリーン工法・ウォータークリーンSG工法施工機器のレンタル事業、会員の販路拡大や受注促進活動のサポートなどを展開しています。

協会の活動理念
  • ウォータークリーン工法による新たな用途展開と新しい市場の需要喚起
  • 施工業者経営基盤の安定と発展を目指す
  • 施工技術、機械メンテナンス技術の共有化
  • 施工の迅速化、効率化による短工期の実現
  • 材料器具・施工を通じ環境に配慮した施工方法を確立

詳しい内容をご希望の事業者様は、株式会社マルホウまでお問い合わせください。

現場見学やオンライン相談の
ご予約はこちらから。

工法についての詳しい説明、計画の進め方、
調査や検査方法など、
現場で直接ご見学いただいたり、
テレビ電話システムを使って、
より詳しくご説明できるよう対応しております。
セミナー(説明会や講演会)のご依頼も承ります。
お気軽にご相談ください。

現場見学

マルホウ本社の見学

オンライン相談

セミナーのご依頼

ご予約はこちらをクリック

リンク先ページにて、希望日時がご予約いただけます。

外壁アスベスト除去・ウォータークリーン工法のことなら

株式会社 マルホウ
本社 〒470 - 0162 愛知県東郷町春木下鏡田446-1098
tel.0561-39-4644
プライバシーポリシー